HFP aviation!

映像編集とあとなにか

After Effects を使うとき

 

昨今では映像に携わる人なら少なくともAdobe Premiereを、

さらにはAdobe After Effectsをも使えるのが望ましい、という具合になってきました。

AdobeCCは確実にクリエイティブの幅を広げてくれました。

 

After Effectsでできること・やること

After Effects(以下AE)とはコンポジットソフトです。

複数の動画を合成したり消しものをしたり、

さらにはタイトルアニメーションを作成するのに使用します。

 

このソフトとPremiereはまったく性質の違うもので、

よく教科書的に「Premiereは横の編集、AEは縦の編集につかう」と言われたりします。

横の編集とは全ての撮影素材から使用部分を選んで編集し尺に収めることで、オフライン編集とも言い、

縦の編集とは使用カットの見た目の精度を上げていくことで完成品を作っていく、別名オンライン編集のことです。

AEはオンライン編集、つまり綺麗に合成したり、派手なテロップを入れたりするのに使うわけです。

 

分業制から一人でやる時代へ

そもそも映像制作業務というのはかなり細分化されているもので分業制です。

撮影、オフライン編集、オンライン編集、CG、MA(音の編集)と担当が違うわけです。

作業者が違えば、使うマシンも違う。それが映像制作の常識だったのです。

 

しかし従来のやり方は人件費と機材費がかかる。

予算を削減するために一緒にできるところはやってしまおう。

そう!AdobeCCでね!

なんかそんな感じでオフラインとオンラインを同時やることが増えていくのでした。

 

とにかくAfter Effectsでやってくれ

なんか合成してほしい。なんかタイトルワークをしてほしい。AEがあればできるんだよね?

昨今ではそんな風潮が出てきました。

発注側が具体的に何をしたいかわからず、とりあえずAEさえあればいいと考え

かなり安易にAEの使用を求められるようになりました。

 

こんなとき、よくあることが2つあります。

まず1つ目、べつにAEでなくてもできることだったりする。

2つ目、AEだけあってもできないことだったりする。

 

前者はグリーンバック撮影の合成とか単純な動きしかしないタイトルいれとか。

オフライン編集機によっては、別にAE介さなくてもできるものもあるわけです。

 

問題は後者です。

技術者の中では常識で、且つ発注側があまり認識していないことに

「合成マシンは有償のサードパーティプラグインや素材集が重要」ということが挙げられます。

派手にビカーンと光ったりぶわっと炎が出たりぼわんと煙が出たり

それらはほとんど有償プラグインを使って作るか、

もしくはそういう素材を合成しています。

逆に言えば、プラグインも素材もないAEではできない、ということなのです。

 

AE借りてきました。これ使ってください。

そこには買ったままの標準AEが。

これでは何もできませんということを、まず説明するところからその日は始まるわけです。

 

日々是勉強

個人的にはAEはモーショングラフィックスに大いに向いていると思っているので

タイトルに面白い動きをつけたいときに便利に使っているものの、それって「CG」の分野。

編集も合成もCGもひとりでやってね、という昨今の映像制作は

使う側も求める側もさらなる知識と技術を求められているのです。