HFP aviation!

映像編集とあとなにか

After Effects を使うとき

 

昨今では映像に携わる人なら少なくともAdobe Premiereを、

さらにはAdobe After Effectsをも使えるのが望ましい、という具合になってきました。

AdobeCCは確実にクリエイティブの幅を広げてくれました。

 

After Effectsでできること・やること

After Effects(以下AE)とはコンポジットソフトです。

複数の動画を合成したり消しものをしたり、

さらにはタイトルアニメーションを作成するのに使用します。

 

このソフトとPremiereはまったく性質の違うもので、

よく教科書的に「Premiereは横の編集、AEは縦の編集につかう」と言われたりします。

横の編集とは全ての撮影素材から使用部分を選んで編集し尺に収めることで、オフライン編集とも言い、

縦の編集とは使用カットの見た目の精度を上げていくことで完成品を作っていく、別名オンライン編集のことです。

AEはオンライン編集、つまり綺麗に合成したり、派手なテロップを入れたりするのに使うわけです。

 

分業制から一人でやる時代へ

そもそも映像制作業務というのはかなり細分化されているもので分業制です。

撮影、オフライン編集、オンライン編集、CG、MA(音の編集)と担当が違うわけです。

作業者が違えば、使うマシンも違う。それが映像制作の常識だったのです。

 

しかし従来のやり方は人件費と機材費がかかる。

予算を削減するために一緒にできるところはやってしまおう。

そう!AdobeCCでね!

なんかそんな感じでオフラインとオンラインを同時やることが増えていくのでした。

 

とにかくAfter Effectsでやってくれ

なんか合成してほしい。なんかタイトルワークをしてほしい。AEがあればできるんだよね?

昨今ではそんな風潮が出てきました。

発注側が具体的に何をしたいかわからず、とりあえずAEさえあればいいと考え

かなり安易にAEの使用を求められるようになりました。

 

こんなとき、よくあることが2つあります。

まず1つ目、べつにAEでなくてもできることだったりする。

2つ目、AEだけあってもできないことだったりする。

 

前者はグリーンバック撮影の合成とか単純な動きしかしないタイトルいれとか。

オフライン編集機によっては、別にAE介さなくてもできるものもあるわけです。

 

問題は後者です。

技術者の中では常識で、且つ発注側があまり認識していないことに

「合成マシンは有償のサードパーティプラグインや素材集が重要」ということが挙げられます。

派手にビカーンと光ったりぶわっと炎が出たりぼわんと煙が出たり

それらはほとんど有償プラグインを使って作るか、

もしくはそういう素材を合成しています。

逆に言えば、プラグインも素材もないAEではできない、ということなのです。

 

AE借りてきました。これ使ってください。

そこには買ったままの標準AEが。

これでは何もできませんということを、まず説明するところからその日は始まるわけです。

 

日々是勉強

個人的にはAEはモーショングラフィックスに大いに向いていると思っているので

タイトルに面白い動きをつけたいときに便利に使っているものの、それって「CG」の分野。

編集も合成もCGもひとりでやってね、という昨今の映像制作は

使う側も求める側もさらなる知識と技術を求められているのです。

Adobe Premiere CCで遭遇する不具合のこと

Premiereで編集する機会が増えて、いろいろ顕在化してきたバグのあれこれ。

 

画のバグ

画像のフェードインフェードアウトが上手くいかない

V1に背景、V2に写真で、写真をフェードインフェードアウトをしようとしたらフリッカーが。

これはレンダリングすれば問題ないだろうと思って気にせずにProresを書き出したら

たしかにフェード具合は問題なくなったものの、不透明度100%になった瞬間背景が消えた!

あまりに予想外の現象でした。

結局あきらめて写真のアニメーション箇所はAfter Effectsで作って事なきを得たものの

画像をフェードインフェードアウトをするという至極単純な事ができないという事実に

打ちのめされたのでした。

 

しかして腹の立つ事に、いつも起きるわけでなく、発生の理由がわからない、まさにバグ。

 

他のマシンでは開かないXMLやEDLが書き出される

2バイト文字(日本語)を使っていたり

何かしら特殊なトランジションを使ったりして、

それらを外さないでいると、

他のマシンで開かないXMLや表記がおかしいEDLが書き出されてしまうようです。

しかし、アイリスワイプが特殊だとは私は認めない。

 

V1に隙間のあるシーケンスのXMLは本編集機で読めない

以前のバージョンで起きた問題で、整頓していないシーケンスのXMLがことごとくエラーを出したとの事で

以来書き出しの際は整頓を徹底しています。

もしかしたら今のバージョンでは問題ないかもしれないけれど、

整頓しないメリットもないので確認は特にしていないや、そういえば。

 

音のバグ

オーディオが突然半秒ほどディレイして再生する

それまで問題なく再生していたのに、突然のディレイ!

アプリケーション再起動してもディレイが治らない時が多いので、諦めてマシンごと再起動。

試写の時に限って起きている気がするのは気のせいではないでしょう・・・

 

オーディオが突然再生しなくなる

そういえば最近のバージョンではあまり起こらなくなりましたが。

CC2015使っていた時は、それまで問題なく再生していたのに、突然音が再生しなくなる事が度々ありました。

タイムラインを開きなおすと音が戻るあたり、「やる気がない」と言わざるを得ない。

 

ボイスオーバーでナレーション収録しようとすると、Premiereに音が入らない

もちろんライン等に問題はないのに、です。

アプリケーション再起動や環境設定フォルダの削除で入力できるようになるけど

ナレーターが来ての収録時はハラハラします。

ナレーションはiPhoneとかで録音して、そのデータをもらう方が気楽なのです。

 

 

Premiereの編集てやつは…

ここ半年ほど、気がついたらPremiereでの仕事が圧倒的に多くなり

自分だけの作業以外の工程にデータを受け渡さねばならない事も増えました。

その際の最重要データEDLやXMLが不完全だなんて!

仕事の経験をいくつも積み上げて、いろいろな事態と対面して

回避法や解決策の知識を積み上げていくしかないのでしょうね。

 

てか、不完全なアプリケーションで仕事したくないのが本心ですが。

Final Cut Proを考える。

先日久しぶりにFinal Cut Pro7(以下FCP)で編集をしました。

思い出したことをいくつか。

 

かつて一世を風靡した編集ソフト

私が映像業界に入った頃、FCPの時代が始まった頃でした。

 

クリエイティブを志す個人はこぞってPower Book G4持つ時代に花開いたFCPは

Mac人気も相まって圧倒的に支持を伸ばしました。

それは、AdobeがPremiereのMac版は採算が取れないからと開発を終了させるほどの勢いでした。

 

とはいえ業務機としてはAvid一強。

私は、FCPは学校で使ったことあるけど…レベルで、ほぼほぼ使えない状態でしたし

そもそも当時会社にFCPがなかったので、

なんとなく使えるようになりたいけど遥か遠い存在でした。

 

しかし2000年代の終わりの方、出入りする監督たちは自らFCPを駆使するようになり

会社にもFCPが導入され

わたしもなんとなく使い始めました。

 

その後当時の会社を辞め、自分で編集ソフトを手に入れる時、選択肢はFCPしかなく

Avidで覚えた編集方法をFCPに当てはめていったら

あれ?案外ちゃんと編集できるわ…

かつて、いつかちゃんと使える日が来るのかな…とか思ってたけど

体当たりで編集しまくったら、いつのまにかちゃんと使いこなせるわ、自分。となり、

これはいける、と、FCPエディターとして仕事をするようになったのでした。

 

それからはもう、びっくりするくらいFCP!FCP!

仕事のほとんどがFCP。

監督も制作もプロデューサーだってFCP使う!

撮影素材もProresProres!

AvidよりFCPのほうが素材のインポート時間がかからない分早くて使いやすいんでしょ?と

猫も杓子もFCP!の時代になったのでした。

 

すでに止まった時間

面白いことに、このFCP全盛期、実はすでにFCPの時間は止まっていたのでした。

私がFCPエディターになる直前、AppleFinal Cut Pro Xと言う新バージョンを発表。

これはそれまでつかわれまくってたFinal Cut Pro 7の仕様とはまったく違うソフトで、

実質Final Cut Pro7の開発終了でした。

 

Hollywoodでも使われまくってたFCP7。Xの登場は業界人もブチ切れるレベルで

Daniel Jalkut, on Twitter:

Final Cut Pro X review: Apple will happily piss off 5,000 professionals to please 5,000,000 amateurs.

と吐き捨てられるほど。

 

それまで構築していたシステムやワークフローを全部うっちゃっての新製品のため

当然、企業で簡単に切り替えられるわけもなく

Xの存在をみんな見事に無視し、既存のFCP7のまま仕事をし続けるのでした。

 

時代に取り残されていくソフト

Xが出た後、当然FCP7が新品購入ができなくなり、手に入れるためには中古を探しまわることに。

そしてMacOSがバージョンアップするごとに動作が不安定になるため

必然的にOSのバージョンがSnowLeopardかLionで固定せざるをえなくなりました。

intel MacUSB3.0の拡張ボードをつけて外付けHDDに対応できるようにするものの

Mac Book Proは拡張できず、Thunderboltも無い。

徐々に、使用しにくい部分が増えてきました。

 

High SierraではFCPは完全に動かなくなり

「とうとうFCPを捨てる時だ」という声で賑わいました。

 

私は2014年くらいに、FCPはあと4年の命かなーと思いましたが

まさに、2017年は一気に使用率が減り、今年に入ってからは使用しない月も多くなりました。

まさに、時代に取り残されたソフトとなりました。

 

 FCPのよいところ

①使える人がまだ多い

中堅以上の業界人がみんな使えるレベル。

後日制作や監督がちょっとした直しをしたり

エディターにとって便利、というより、制作にとって都合がいいソフトではあります。

 

②Proresは素晴らしいコーデック

FCPとともに誕生したのがproresというコーデックです。

FCPの独自コーデックとして登場したもので、編集時に必ずこちらに変換します。

これはHD映像を、HDCAM SRレベルの圧縮したもので

映像をデータにするのに大変都合の良いコーデックです。

 

 Macなら確実に再生ができるため、この汎用性は大変高く

FCPが死んでも、Proresはずっと生き続けるのでしょう…。

 

③クリップの有効/非有効

かつてAvidになくFCPにはある「なんて便利なんだ⁉︎」と思った機能。

それはタイムラインに入れたクリップの表示非表示(音なら出力非出力)を切り替えられるというもの。

レイヤーに乗せといても見えなくできるてすごく便利なのです!

絵なら、タイトル違いとかテイク違いを

音なら音楽違いやナレーション違いを、別シーケンス作らなくてもすぐ再生できる!

FCPで一番便利で重要な機能と言っても過言ではありません。

 

④マットキーが扱いやすい

白黒のマスクとフロントの映像の扱いが編集機の中で一番簡単だと思います。

クリップの合成モードを切り替えられるようになっているため

マスクでくり抜き、その位置やサイズを変えるのも簡単。

 

 

FCPの今後

良いところはいくつもあるけど、

もう今となってはデメリットが目につくようになりました。

レンタル機材はもはやなく、使えない人も増えてきて

今使ってるマシンが壊れたらもうおしまい。

 

まさに栄枯盛衰。

今年が最後になる。そう思います。

Avid Media Composerを使うということ。

老舗のノンリニア編集機といえば、Avid Media Composer。

このAvidを編集で使うことについて考えます。

 

Avidのメリット

①効率的

仕事として映像に携わる以上、効率さを求めなければなりません。

Avidは無駄を省いて作業がしやすいソフトなのです。

映像編集の基本動作の「撮影素材の使い所を決めて並べる」ということを

Avid、Premiere、FinalCutProのなかでは、一番無駄がなくできると思います。

 

もともとマウスのないリニア編集機からの流れでできた編集機なので

基本操作はほぼキーボードの左手側にショートカットが配置されており、

手をキーボードのベースポジションに置いたまま大概のことはできます。

 

例えば編集でよく言うイン点アウト点

PremiereやFCP、それ以外の編集機や動画ソフトだと『I』(in) と『O』(out) に配置されてますが

Avidはそれ以外に『E』(in) と『R』(out)にも配置されてます。

これはスペースキーが再生であるため、左手で都合のいい場所にあり、

さらにその近くに「イン点に移動『Q』」や「イン点の消去『D』」などもあるという!

 

おもしろいことに、学生時代Premiere使ってバンバン編集してました、という新入社員に

この話を熱く語っても、最初なかなか理解してくれないのです。

というのは、みんなマウスで作業することに疑問を持ってなくて

それでちゃんと編集していた、という自負があるからなのでしょう。

 

しかしアマチュアとプロの違いは、やはり時間にシビアなところ。

時間を意識すると効率化を意識し、そしてようやくショートカットの存在意義を知り、

無駄な腕の動きを排除するようになるわけです。

 

②安定性

そもそも1989年に登場したソフト。当時のコンピュータ性能で動いてきた歴史があります。

その後ハードの性能がどんどん上がっていき、それとともにソフトの安定性も向上。

あまりフリーズやクラッシュのしないソフトになってきました。

 

Avidは素材を入れる際、Avid用のデータに変換し、そのデータで編集を進めるソフトです。

この独自コーデックという考え方が作業中の安定性をさらに向上させます。

最適化されたデータであれば、再生も編集もスムーズ、というわけです。

 

昨今のノンリニア編集機では、この考え方が薄く、変換せずに表示するものが増えてます。

そのため、Avidで素材を取り込むときに「変換するための時間がかかる」と捉えられがちです。

しかし、ありとあらゆる動画静止画コーデックを、変換せず読むということは

ハードウェアの性能が高くなければ対処できないことが多く

データは読み込んでも再生はカクカクする、ということがよくあります。

しまいには再生中にフリーズすることも…。

 

仕事でお客様に見せながら作業する以上

しょっちゅう止まるコンピュータは使いにくい。

その点で、安定性の高いAvidが好まれるのです。

 

 

デメリット

①覚えるのに時間がかかる

編集専門職以外の人にこのソフトが昨今広がらない理由とも言い換えられます。

使いにくいと思われがち。

実際自分も触り始めた新人のころ「あれ?これどうやるんだろ」ということばかりでした。

他のソフトがなんかよくわからないけどなんとなくつかえる、というものが多いため

こうしてこうしてこうしていく、という筋道立てて進めなければならないソフトであるAvidは

たしかに使いにくと感じる人が多いのもわかります。

 

②画角自由度が低い

プロジェクトがHDや2K、4Kなど、動画規格として存在しているもののみに対応しているため

Instagramのような正方形やスマホ用縦長などの動画を作りにくいです。

インポートする素材もその条件が課せられるので

縦長写真とかも、その素材サイズのままでは取り扱えない。

いちおうエフェクトで対応できるけど、競合ソフトほど簡単には扱えないです。

 

映画やテレビとともに発展したソフトなので、

動画規格以外取り扱う必要がなかった時代の名残ですね。

 

 

よく言われる誤解

Avidに対する誤解は結構多く、よく仕事でも尋ねられます。

 

①すごくお値段が高い

かつてはね、そうでした。

もともとAvidはソフトと専用ハードをまとめて購入してシステムを構築するものだったので

値段が高かったのです。

しかし数年前のモデルからソフト単体で購入できるようになり

最近は年間ライセンス購入タイプになったので

他の競合ソフトとあまり変わらないくらいになりました。

 

ちなみに簡易版は無料のもあります。

 

②もう使ってる人はいない

編集ソフトというのがあまり一般的ではなかった時は、使う人もあまり多くなかったわけですが

今は気軽な動画編集する人が増えてるので、どうしてもAvid以外に人が流れがち。

とはいえ編集専門職では前述の理由により人気が高く

利用者は決して少なくないのです。

 

③使いにくい

使い方を覚えろ。覚えてから言え。

 

 

 

私は編集するなら圧倒的にAvidがいい。

以上がAvid Media Composerのことでした。

勤務時間を考える

映像の仕事というのはいろんな種類がありますが

私はその中でもクライアント代理店の意思の元、映像を作る仕事をしてます。

 

この仕事の特徴としては、自分の裁量で勤務時間を管理できないということ。

なぜなら、完成ですという人が私自身ではなく、

クライアントや代理店などその仕事を発注した人に委ねられるから。

 

まあ、いわゆる「クリエイティブ」と言われる仕事はどれもそうでしょう。

 

だから、自分が作業を完成させて、映像ファイル書き出して

決定権をもつ人にメールで送って

返事を待つ。

ひたすら待つ。

ただ、待つ。

 

基本その間は帰れない。

直し指示が来たら対応しなければならないから。

 

明日対応でいいですよと言われない限り帰れない。

てか、大概は次の日は別のスケジュールが入っているので、その日中に対応せざるをえないわけです。

(ちなみにその日というのは次の日の朝7時くらいまでを言う)

 

 

もちろんいつもメールチェックというわけではありません。

試写、代理店クライアントみんな集まって観るときもあり、

そのときはその場で結果が出ることが多いものの

ものすごく揉めるときもあるし、そもそもその試写が朝めっちゃ早いor夜遅いとかもある。

 

この仕事をするということは

仕事終わりに何か予定を入れる、ということが不可能だということ

すぐさま理解するのです。

 

 

昨今は働き方改革とか勤務時間の話題がつきないけど

結局みんなわかってるのです。

どれだけ私たちが会社の規定で勤務時間を是正しようとしても

その仕事を発注するクライアントや代理店が変わらなければ

こちらはどうすることもできないということを。

 

こんな仕事。映像の仕事。

でもだからこそ、仕事が好きな人ばかりだったりする。

というか、好きでなきゃ生き残れない。それが映像の仕事なのです。

編集機、というもの

そもそも何か映像作品を作りたいと思ったら、

動画編集ソフト、というものが必要になってくる。

世の中にピンからキリまでいろいろ出回っているけど、

私が仕事で使うのは、特に以下の3つです。

  • Avid Media Composer
  • Adobe Premiere CC
  • Final Cut Pro

映像業界にいる人たちはおそらくこの3つのどれかを、少なくとも使ったことはある、はず。

あとはEDIUSとかXPRIとか変化球でDaVinci Resolveとかのソフトもあると思いますが

まあ、大概の会社は最初に挙げた3つのソフトのどれかを使っているでしょう。

 

ちなみにここに挙げたものは「ノンリニア編集機」と呼ばれるものです。

ノンリニア編集とは映像データをハードディスクに保存し、撮影時間軸に関係なく編集することを言います。

ちなみに時間軸に沿って編集することをリニア編集。

このリニア編集はテレビ番組とかで使われていて、私は使ったことがないです。

 

Avid Media Composer

米国Avid社が出してる編集機で、おそらく世界初のノンリニア編集機の系譜。

かつてはどこの映像会社にもあった、真のプロ用ソフト。

プロ用に考えられたソフトのため、遊びで映像編集したことあるミレニアル世代が初めて使うと

「なにこのソフト!どうやって使うのかわかんない!」

という感想を一様に持ちますが

仕事で使い慣れていくと

「うぉぉぉ!なんて合理的なんだ!効率よく仕事ができる!」

となる。

 

そして面白いことに、Avidで編集を覚えた人は皆一様にAvidが一番使いやすい、という。

 

しかし、その「プロ仕様」という敷居の高さゆえに

とりあえず編集がしたい人にはあまり使ってもらえない、というちょっと悲しい一面を持つ。

どんなものでも、圧倒的に多いのはライトユーザー層なのです…。

 

 Adobe PremiereCC

昨今の主流とも言える編集機。多分いま業界で一番使用されていると思われます。

なんせ画像編集ソフトで絶大なるシェアを誇るPhotosopと、まとめてライセンス購入できるため

使ってないけどとりあえず持っている人も多いです。

Premiereのいいところは、「動画」ならほぼどんなデータでも扱えるということ。

サイズがどうでもファイル種類がどうでも、ほぼなんでも。

そしてなんとなく直感でなんとなく操作できてしまえる手軽さ。

 

仕事で使う頻度は、今一番高いソフトです。

 

問題点として個人的意見を述べるならば、アップデートの頻度が高い上

バージョンが高いデータを、低いバージョンのソフトで開くことができないので

バージョン管理が難しいということでしょうか。

 

Final Cut Pro

かつて映像業界で一世を風靡した編集ソフト。Appleの動画編集ソフト。

むかしから「クリエイティブ職」といえば、Mac。なんでかみんなこぞってMac

そんなMacと一緒に買える編集ソフトがFinal Cut Proです。

 

ちなみにこのソフト、仕事で使用しているのは「Final Cut Pro 7」というバージョンのもの。

この「7」は映像関係者に絶大なる人気を誇ったものの

かれこれ7年ほど前、Appleが突然の方向転換を図り、いっきにライトユーザー向けの「Final Cut Pro X」といバージョンを発売。

7でできてたことは、ほぼできないという、ほっとんど新しいソフトみたいなものが登場。

これは、それまで構築したワークフローを根底から覆すもので

ほとんどの仕事で使っていた人たちは、Xを使用することを拒否。

いまでも7を使用しているわけです。

とはいえXが発売されて以降、当然7のバージョンアップはされておらず

推奨OSはもはや懐かしいSnow Leopard

虫の息とはいえまだ需要があるので、時々古いマシンで仕事してます。

out of the blue

映像編集と言うものがだいぶ一般的になって

かつてはウン千万してたような映像編集システムが安価どころか無料のも出てきてて

誰でも簡単に出来るようになって

専門職の垣根が低くーくなってきて

 

そんな時代ですが、映像専門職をやっています。

 

専門職なので機材もプロ用をつかう。

最近の主流はAdobe PremiereCC2018ですね。

もともとAvidを使う人間なのですが

時流には抗えず、Premiereの仕事がかなり増えました。

 

レゾリューションフリーだし

対応コーデックも多いし

持ってるお客様も多いしで

悪くないソフトですが

 

Premiereの「out of the blue」な部分はなんとかならんものか。

You know what PremiereCC terminated abnormally out of the blue during previewing!

I don't understand why a sequence doesn't play sound out of the blue.